我々は、企業の社会的責任として自らの事業活動に伴う環境負荷低減を図るとともに、製品・サービスの提供をとおして社会全体の環境負荷低減に貢献する環境経営を推進しております。また、会社全体における環境経営推進のため、環境面における行動指針を「環境方針」として制定し、役員から従業員に至るまで、方針を遵守した行動を徹底しています。

  1. 当社の事業活動が、環境に与える影響を正しく認識し、技術的・経済的に可能な範囲で環境マネジメントシステムを設定し、定期的に見直しを行うことにより、継続的な改善及び汚染予防に取り組みます。
  2. 自動車リサイクル法をはじめとする環境に関連のある法規制及び組織が同意するその他の要求事項を遵守し、環境保全に努めます。
  3. 当社における事業活動を社会及び地域の理解を深めるため広く公開するとともに、希望により当社工場も一般公開する。
  4. この環境方針を文書化し、全従業員及び当社のために働く全ての人に周知します。
  5. この環境方針は、一般の人に開示します。

3R(スリーアール)とは、環境と経済が両立した循環社会を形成していくためのキーワードです。
弊社は使用済み自動車の適正処理及び、リサイクル自動車部品販売、生産の事業活動を通じ、環境負荷の少ない自動車リサイクル事業の構築に取り組みます。資源の3R(スリーアール)の実践により、豊かな自然環境に抱かれた秋田県の地域環境保全に努め、次世代に豊かで住みよい社会を残せるように努めます。

リデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle)の3つの英語の頭文字「R」をとって「3R」と呼んでいます。リデュースは廃棄物の発生を抑制すること、リユースは廃棄物を再使用すること、リサイクルは廃棄物を原材料として再利用することです。

環境マネジメントシステムとは、企業活動を行う中で与えてしまう環境影響を低減するための仕組みです。組織が自ら環境方針および目的を定め、その実現のための計画(Plan)を立て、それを実施及び運用(Do)し、その結果を点検及び是正(Check)し、さらに次のステップを目指した見直し(Act)を行うというPDCAサイクルを確立します。それによって、環境マネジメントシステムを継続的に向上させ、環境に与える有害な負荷を減少させることをねらいとしています。

ISO14001とは、国際標準化機構(ISO)が策定した環境マネジメントシステムの国際認証規格です。企業活動における環境リスクを分析し、そのリスクを低減するための仕組みを構築するガイドラインのような存在となります。
簡単に説明すると、環境にとって良い要因は伸ばし、悪い要因は低減・改善していく仕組みを作り、継続的に運用していきましょうというもので、組織の自主的な環境への取り組みを支援する目的で策定されました。

組織はISO14001の要求事項に則り独自のEMSを構築し、必要であれば第三者(審査登録機関)による審査をうけることができ、認証されればISO14001の取得ができます。企業がISO14001認証を取得すると、「取引先からの取得要求」「官公庁の入札加点や参加条件にISO14001が必要」といった取引や売上に繋がることができることや、国際基準レベルでの環境への取り組みを行っている第三者機関の証明があるため「クライアントからの信頼が得ることができる」、「社内統制や業務の標準化・効率化をはかることができる」などの利点があるため、ISO14001認証を取得する企業が多いです。